池袋駅北口にある庶民の味方、24時間営業の「大都会」

池袋駅の北口を出てすぐのところに、大都会というお店があります。
たしかに大都会ですねー、池袋。でも、北口はそうでもないよね。池袋駅といえば、東に西武で西が東武というわけで、東口と西口が有名。

実は北口と西口はすぐ近くで、行き来は簡単です。せいぜい、東武百貨店や丸井に行きたいときは西口から出た方が近く、歓楽街方面なら北口の方が多少近いかもというくらい。
池袋には池袋演芸場という寄席がありますが、その辺りなら西口から出ても、北口から出ても、距離は大して変わらないと思います。

そんな出口談義はさておき、大都会なら北口です。だって、北口を出て目の前にあるビジネスホテルの地下?半地下?のようなところにあるのですから。

大都会はなかなか広くて、カウンターだけでも20人くらいは座れそうだし、その左右にあるテーブル席も意外とあります。

IMG_0180

なんと言っても24時間営業。注文は食券方式です。自動販売機で食券を買って、自分でカウンター or テーブル番号を書いて、自分で注文コーナーまで持っていく必要があります。

IMG_0182

お通しはもちろんありませんが、本格的な料理が出てくるまでのつなぎにうってつけな本日の小鉢は、AからGまでの7品からの選択制。
自動販売機では100円小鉢の食券を買うので(そう。本日の小鉢は100円なのです)、カウンター番号以外に小鉢の種類もAからGの記号を書く必要があります。

飲み物はビール、酎ハイ、焼酎、トリスなど様々です。飲み物の食券を何度も買うのは面倒ですね。
はい、大丈夫です。3枚券、4枚券なるものがあるので、最初に今日飲みそうな量を予想して、まとめ買いしておきましょう。(食券は当日有効です。余っても次の日に使うことはできないので、まとめ券を買うときは要注意!)

フードメニューは、居酒屋でおなじみのものが多く、むしろ落ち着きます。刺身もある、焼き物もある、揚げ物もある。なかなかボリュームがあるので、一人飲みの場合はあまり調子に乗らないように。

IMG_0184

本日の刺身は真鯛でした。100円回転寿司にあるような、ぶにょぶにょの真鯛ではなく、ちゃんとした真鯛。皮に旨みがあります。

IMG_0183

唐揚げ。居酒屋の定番メニューですが、まぁ、ふつうの唐揚げよね。少しだけ濃いめの味付けで、つまみにはうってつけ。

IMG_0185

締めのオススメはそば。かけでもたぬきでも200円です。
今日は少し豪勢に、ごぼう天を頼んで、少しつまみにしてから、そばにインです。

IMG_0186

ほら、おおっ!って思うボリュームでしょ。これ、半分でもそばに入れたら、つゆはドブドブ。

大都会な池袋で、これだかやって2000円もいったかなー。そんな庶民の味方な大都会です。’

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします