WordPressブログの大幅リニューアルに便利な5つのプラグイン

先日、このブログを大幅リニューアルしました。WordPress関連でやったことは、以下のとおり。

  • 3,000件程度の記事と、画像のインポート
  • URLの変更
  • テーマの変更
  • カテゴリの付け直し

なかなか面倒な作業が多く、数日を充てることになりました。
その際に役立ったWordPressプラグインを、まとめて紹介します。

サーバにある画像をまとめてメディア登録するAdd From Server

大幅リニューアルにあたって、INOCCU VISIONとartisan edge thinkingの両ブログにある記事を統合しました。どちらもWordPressで運用していたので、記事のインポートは公式プラグインを使用して、旧ブログからエクスポート、新ブログにインポートすれば良いだけなので簡単です。

問題は、画像です。WordPressの記事データには画像のURLがそのまま入っているので、使用している画像を新ブログのサーバにアップロードして、URLを置換すれば、記事で画像は表示されます。
たしかに、それで良いといえば良いのですが、それではWordPressのダッシュボードのメディアライブラリには表示されません。

ここにも表示されるようにしたい
ここにも表示されるようにしたい

メディアライブラリに表示されるようになると、ダッシュボードから記事を投稿する際に、以前使用した画像を選択して使用できるようになります。

add-from-server_071316_090949_PM

https://wordpress.org/plugins/add-from-server/

そこで使用したのがAdd From Serverです。Add From Serverを使用すれば、サーバ上にアップロードしておいた画像をディレクトリごとに選択して、まとめてメディア登録することができます。
複数のディレクトリにある画像をまとめて登録することはできないので、ディレクトリの数だけ操作する必要はありますが、それでも十分便利です。

サムネイルを一括再作成するForce Regenerate Thumbnails

force-regenerate-thumbnails_071316_091526_PM

https://wordpress.org/plugins/force-regenerate-thumbnails/

Add From Serverを使って画像を登録した後は、サムネイルの再作成も必要です。テーマによってサムネイルのサイズは違うので、使用するテーマをインストールし、有効化してから再作成しましょう。

サムネイルの再作成に使用したのは、Force Generate Thumbnailsです。ボタンをクリックしたら、あとはただ待つだけ。極めて簡単です。サムネイルの再作成だけでなく、古いサイズのサムネイルの削除もできるので、便利です。

URLの一括変換ならSearch Regex

search-regex_071316_092223_PM

https://wordpress.org/plugins/search-regex/

今回、記事のパーマリンクや画像ファイルのURLが変わったので、一括変換する必要がありました。
使用したのは、Search Regex。その名のとおり正規表現も使用できます。

カテゴリの一括付け替えはBatch Cat

batch-cat_071316_092724_PM

https://wordpress.org/plugins/batch-cat/

カテゴリの全付け替えを行ったのですが、WordPressのダッシュボードでのカテゴリ付け替えでは、複数の記事をまとめてやる場合、Aカテゴリに紐付く記事にBカテゴリを追加(A→A,B)することはできますが、AカテゴリをBカテゴリに変更(A→B)することはできません。

そうした複数記事でのカテゴリ変更ができるのが、Batch Catです。カテゴリでの記事の絞り込みや、キーワード検索を行った後、チェックボックスで複数の記事を選択した後、変更先のカテゴリを指定します。

プラグインを導入した直後は、記事は20件ごと表示されますが、設定メニューから表示記事数を変更できるので、100件程度表示するようにしてから付け替えを行った方が便利でしょう。
また、このプラグインは最終更新から2年以上経っていますが、私が使用した限りでは問題なく使用できました。

最後は、Advanced Database Cleaner

advanced-database-cleaner_071316_093443_PM

https://wordpress.org/plugins/advanced-database-cleaner/

ここまでに行った操作で、データベースには結構ゴミがたまっています。Advanced Database Cleanerで不要なRevisionを削除したり、データベースのテーブル最適化を行うと良いでしょう。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします