HTML5モバイルアプリDAYで「初めてのWatson」ハンズオンを開催しました

dsc_0006

昨日(2016年11月14日)、秋葉原UDXギャラリーで行われた「HTML5モバイルアプリDAY」で、拙著「初めてのWatson」と連動したハンズオンを開催しました。

ハンズオンは大盛況!

ハンズオンは定員18名のところ予約で満席。キャンセル待ちで参加された方や、ハンズオン会場の奥で立見の方など、大盛況となりました。
(プライバシーの問題等ありますので、写真は自粛・・・。)

先週のIBM箱崎事業所でのハンズオンの時に続き、アシアルさんのご協力をいただきました。ありがとうございます。

参加された皆さんのご要望もありましたので、資料を公開します。
ただ、昨日のハンズオンは簡略版で、資料も特別なものでしたので、そのベースになった方の資料です。

リックテレコムブースではサイン入り本も・・・

dsc_0009

こちらは出版社のリックテレコムさんのブース。「初めてのWatson」をはじめ、リックテレコムさんの近刊が並んでいます。
しかも、すべて割引価格での購入が可能でした!(拙著は2,376円→2,000円に!)

隣のブースがIBMさんだったので、Bluemixのステッカーと初めてのWatsonのパンフレットをシェア。リックテレコムさんのブースにBluemixのステッカーが置いてありますね。

書籍をご購入いただいた方などと色々お話しをさせていただきました。やはりWatsonへの注目度は高いことが窺えましたが、一方で何ができるのか?使うのが難しいのでは?などといった疑問を感じていることが多いようでした。その辺のところは書籍にも書き込んでありますが、実際のところも含めて、こうしたイベントなどでお伝えしていく重要性を感じました。(あと、Watsonに限らず他のAIとの比較等もですね。)

ご希望の方にはサインもさせていただきました・・・。よもや自分がサインを求められるとは思っていなかったので、ビックリです(笑)

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします