中野から横浜に引っ越しました(会社は新宿に)

2016年4月に中野に引っ越し、会社(当時はアルティザンエッジ合同会社)も移してから2年。中野では「下町サミット in 中野」の実行委員を務めたり、「北九州でIoT」への応募につながるコミュニティを立ち上げたりなど、いろいろな活動をしてきました。

これからも中野で…と思っていたのですが、この度、プライベートでいろいろありまして、横浜に引っ越しました。東京に出てきてから18年になりますが、最初の頃は1箇所に長く住むことが多かったものの、多摩から明大前に引っ越した後は、だいたい2年おきに葛飾〜中野〜横浜と住む街を変えています。

横浜もこれまで縁がなかったというわけではなく、多摩に住んでいた時は時折遊びにきていましたし、半年ほどみなとみらいの会社に勤めたこともあります。もともと北九州で生まれた人間ですので、海が身近にある生活というのは、ある意味で普通なのです。(といいながら、住居に選んだところから海が見えるわけではありませんが…)

会社は新宿に

といって、仕事も含めた全てを横浜に移そうというわけではありません。やはり中野との縁はつなげていきたいと思っていますし、そもそもほとんどの仕事は東京都内ですから、会社としては新宿に拠点を設けることにしました。本店も新宿です。今年は、北九州でIoTを発端として新しい会社を立ち上げることも考えていますし、そうなると自分の会社(合同会社井上研一事務所)としてではなく、新会社の人間として活動することが増えるでしょうし、北九州での活動が増えることも考えられます。そういう意味では、あまり、中野だ、横浜だ、新宿だ…ということなく、いろいろなところで(場所も立場も)活動していくことになるのでしょう。

このサイト

そんなドタバタとか環境変化もあり、2週間ほど、このサイトを閉じて(サーバー移転などやっていたこともありますが)、どうしていくか考えていました。結局、昨日から、以前とほぼ同じ形で再開することにしたのですが、合同会社井上研一事務所としての告知などはもちろん、このブログで扱うテーマを幅広くして、活性化させていきたいと考えています。そもそも、アルティザンエッジ合同会社から合同会社井上研一事務所に名前を変えたということ自体が、個人としての活動範囲の広がりを想定したことでもあるので、その方向で進んでいる…ということではありますが。ということで、引き続き、よろしくお願い申し上げます。’

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします