キンコーズでオリジナルデザインの名刺を発注して翌日には手にした

このサイトのリニューアルに伴って、井上研一事務所のロゴやデザインを大幅に変えました。

でも、名刺が以前のままだったのです。情報としては最新なんだけど、デザインがWebサイトと名刺で全然違う・・・。

で、翌日、いろいろと名刺を渡すことになるだろうイベントがあって、どうしてもそれまでに新デザインの名刺を手に入れたいと思いました。

普段はプリスタやプリントパック

普段は、名刺の印刷にはプリスタプリントパックといった会社のサービスを使用しています。それはそれで不満なくできているのですが、即日発送のオプションを使っても、郵送となるため翌日に手にすることが難しいのです。

そこで使ってみたのがキンコーズです。時折、製本済みのセミナー資料を持ち込む必要のある研修やセミナーに登壇することがあるのですが、その際に使っているのがキンコーズです。だいたい、翌日には製本済みの資料を手にできます。だったら、名刺でも使ってみようというわけですね。

キンコーズの名刺サービス

キンコーズのWebサイトを見ると、名刺印刷のサービスがあることが分かります。発注する際にはキンコーズのサイトにログインして、マイページから行うのですが、そこから名刺を発注しようとすると、キンコーズがあらかじめ準備している名刺デザインに沿った名刺を発注することになります。

でも、私が欲しいのは自分でデザインした名刺です。マイページの操作マニュアルを読んでみると、名刺サービスではなく、データ入稿サービスを使えば良いということが分かりました。

データ入稿サービスを使ってみる

キンコーズのWebサイトでは名刺用のAdobe Illustratorのテンプレートが配布されています。そこに、オリジナルの名刺デザインを作成します。

入稿する際には、リンク画像を使わないことと、アウトライン化することが必須。その辺は、他の印刷サービスでの入稿と同様です。

マイページでデータ入稿を行い、メモ欄に希望を入力します。ここで行えるのは、見積依頼です。発注までが行えるわけではありません。

メモ欄で、このような依頼を行いました。

【ご希望の納期】  11月  20日  15時頃

【用途】名刺

【ご予算】1万円前後

【印刷設定】カラー(表面のみ白黒が可なら、表面が白黒、裏面がカラー)

【印刷サイズ】A5/B5/A4/B4/A3/B3/A2/B2/A1/B1/A0/B0 その他( 名刺 55×91    )

【片面/両面】両面

【部数】100枚

【用紙の種類】きなり

用紙の種類は名刺サービスのページにあったものから指定したのですが、特に電話での問合せがなかったので、それで良かったようです。

受け取りたいキンコーズの店舗を指定して見積依頼を行ったところ、今回は30分ほどでキンコーズから電話がかかってきました。どうやら、入稿したデータにリンク画像が使われていたとのこと・・・。私としたことが・・・。

一旦、見積依頼をキャンセルにしてもらい、リンク画像を埋め込み画像に変えてから、再度データ入稿を行います。今度は、すぐに「発注手続きのお願い」というメールが届きました。

校正、見積承認と発注

マイページに再度アクセスし、画面上で校正承認と見積承認を行います。今回は100枚を両面印刷でお願いしたのですが、表面がモノクロで良く、裏面のみカラーだったため、6,415円という見積でした。プリスタやプリントパックといったサービスと比べると割高感がありますが、すぐに手に入ることを考えればやむを得ません。

見積承認まで行った後、実際の発注を行います。支払は店舗での受取時を選択したため、ここでの決済はありません。

受け取り

あとは決まった納期の時間以降にキンコーズの店頭に行けば、受け取り可能です。代金の支払いも事前のカード払いもできるようですが、私は店頭払いにしました。

今回の名刺。初めての縦型です。恒例の顔写真は裏面に移りました。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします