Surface GoでATOKを使うと遅くなる件はATOKのバージョンアップで対応可能

以前、Surface Go LTE AdvancedでATOK Passportを使った際に、Cortanaの動作が重くなるとか、テキストエリアのあるウィンドウがなかなか表示されないといった問題があり、ATOKを使うのはオススメできないといったことを書きました。

ATOKをアンインストールする必要まではなく、使用するIMEをMicrosoft IMEに変えるだけなので、Windows 10の次のアップデートなどを待って、問題が改善するか確認してみたいと思います。

しばらくはMicrosoft IMEで様子見といったところだったのですが、今日もSurface Goを使っているとATOK Passportのバージョンアップメッセージが表示されました。そのメッセージに従い、バージョンアップすると問題は無事解決。

というか、2018年3月15日のバージョンアップだったのね・・・。
オススメしないとかじゃなくて、バージョンアップを確認しろよという話でした。

でも、これで私のSurface Go LTE Advancedはまた一歩、使いやすくなりました!

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。