IT化をするほど、企業の業績は良くなる

企業のIT活用の現状は、「部門毎の導入で効率化を図っている」という段階。「経営者のIT活用による戦略立案」や「IT活用した他企業との協業」というふうにIT活用の段階が上がるほど、業績が良くなっているという。

また、現状はハードウェアインフラは整備されているが、ソフトウェアが追いついていないとのこと。そのソフトウェアを生業とするSI企業にはチャンスですが、顧客企業がIT活用を直接的に業績向上につなげていくような提案が必要でしょう。

Follow me!

コメントを残す