リナザウを外から操作できるようにする

家にいるならリナザウの小さな画面とキーボードに向かうより、PCの大きな画面とキーボードに向かうべきです。

ということで、まずはtelnetサーバを立ち上げます。
telnetサーバを立ち上げるといっても実に簡単。/etc/inetd.confのtelnetサーバ記述部のコメントを消すだけ。あとはinetdを再起動すればOKです。(ただ、セキュリティ設定をしていないので要注意。あとでやります。)

これだけでPCからtelnetでリナザウに入れるようになるのですが、いくつか使い勝手向上の方法を取ります。
1つはシェルをzshに切り替えること。これは、/etc/passwdを書き換えれば済みます。(危険なファイルなので要注意!)
あとは、~/.zshrcにパスを設定します。リナザウでターミナル操作している時は、/home/QtPalmtop/qpe.shに書いてあるパスで動いているので、このパス設定と同じものを~/.zshrcに書いてやればOK。これで、リナザウで直接操作しても、telnetで操作しても同じ環境で使えます。

あとは、Qt環境を外から使うために、VNCサーバを導入すれば完璧ですが、これは次のネタにしましょう。

この記事を書いた人

井上 研一

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします