comment 0

リナザウを外から操作できるようにする その2

昨日のtelnetに引き続き、今日はVNCサーバを入れてQt環境を母艦からリモート操作できるようにします。telnetでリナザウを操作しているときも、ちょっとQt環境を操作したいときがあるものです。そういう時に、意外と便利なものです。

VNC server for SL-C700 ver 0.4

動作にはzlibが必要ですが、昨日入れたarmutilsに入っているので、それでOKです。
早速、ipkファイルをインストールして、メニューから「VNC Server start」をクリックします。あらかじめ、VGAに最適化のチェックを外しておきます。そうしないと、QVGAモードでVNCクライアントが立ち上がり、砂嵐が表示されてしまいます。また、インストール後は必ず再起動が必要のようです。再起動しないと、母艦のVNCクライアントで表示できますが、操作が出来ません。

リナザウを外から操作できるようにする その2
あとは、母艦のVNCクライアントでリナザウにアクセスすると、母艦のデスクトップに、見慣れたリナザウの画面が現れます!表示速度はワンテンポ遅れたくらいになりますが、十分、操作は可能です。

ただ、VNC Serverを入れた後から、起動時にWarningが出るようになったような気が・・・。あくまでWarningで、これといった問題は発見されませんが・・・。

Follow me!

Filed under: ブログ

About the Author

Posted by

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。北九州市出身、横浜市在住。 2000年よりプログラマ・SEとして企業の業務システム開発に従事し、2012年に独立。AIやIoTに強いITコーディネータとしても活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

コメントを残す