初めてSL~C3000に触る。

有楽町ソフマップで、初めてSL~C3000に触る。キーボードの感触は悪くない。SL~C860と同じくらい。ただ、分厚いし、全体的に柔らかいイメージで家電っぽくなったように思う。精悍さではSL~C860の方が上かな。キー配列が変わっているので、慣れるまでは大変かもしれない。ちょっと触っただけなので、中身のことは分からないが、単なるイメージとして4GBのHDDは魅力的(WMAにも対応したので、相当数の音楽を入れておける。)だし、ついに搭載されたUSBポートは、非公式ながらホストにもなれるようなので、今後の発展性が期待される。当面はSL~C860で十分と判断しているが、SL~C3000でしか出来ない突拍子もないムーブメントが現れたら、乗り換えるかもしれない。とりあえずは、そういう判断だ。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします