リナザウでPukiWiki

昨日、ApacheとPHPをインストールしましたので、今日はPukiWiki。ただ、ファイルを解凍して、/home/www/htdocs/に置くだけですが・・・。

FrontPage – PukiWiki.org

私は、1ヶ月ほど前からPukiWikiを入れて、日記を書いたり、個人的なメモをまとめたりしているので、バックアップを戻すだけ。
PukiWikiはPHPで書かれているし、プラグインの追加も簡単。意外とプラグインは作成も簡単だったりして、私は標準のプラグインを少し手直しして自分好みの表示をさせたり、プラグインを作成してMySQLと接続し、データを表示させたりしています。

MySQLとPHPで1からWebシステムを組み上げるのは、それなりに面倒なので、PukiWikiをWebシステムのベースとして、欲しい機能だけをプラグインで作ってしまうという方法が簡単です。

リナザウでPukiWiki
自分専用のPukiWikiも便利なものです。ちなみに画面デザインをザウルスアイボリーに変えました。
↑のスクリーンキャプチャで「次の参戦」という表のあたりは、MySQLとつないで作った自作プラグインです。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします