マイクロソフトが開発プロセスを提供する時代

 次期Visual Studioにも搭載予定とされている開発のためのフレームワーク「MSF」。デブサミ2005でのセッション内容をベースにその概要を解説

@IT Insider.NETフォーラム – マイクロソフトが提供する開発指針「MSF」とは何か?

ソフトウェア開発における開発プロセスというと、ここ数年ではRUPが著名であり、実際の現場ではウオーターフォールの呪縛から解かれないといったところではないかと思いますが、マイクロソフトがMSFという開発プロセスを提供するとのこと。
記事をななめ読みした感じでは、イテレーティブ開発の推奨や、プロジェクト運営におけるパターン(アンチパターンを含む)の定義など、RUP等最近の開発プロセスとかぶる部分が多いように思いました。まぁ、この手の開発プロセスがよってたかって別のことを言う姿はあまり想像したくないので、これは妥当であろうと。

どうやら次期VisualStudioに搭載されるらしく、少なくとも.Net系の開発プロジェクトに導入されてくれば、ソフトウェア開発に付き物の徹夜や失敗の可能性が幾分でも減少するのではないかと思います。
新しい開発プロセスは大抵が正論で、それが100点ではないにせよ、導入しないよりは導入した方が、何らかの良い効果をもたらすと考えているので。盲信は良くない、でも自ら目を閉ざすのはもっと良くないから。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします