comment 0

ニフティがパソコン通信を来年3月に終了

 ニフティは2月16日,パソコン通信のサービスを終了することを明らかにした。1987年4月に当時のエヌ・アイ・エフが開始した「NIFTY-Serve」(現在の名称はワープロ・パソコン通信)のサービスを来年3月31日で終了。19年間の幕を閉じることとなる。

IT Pro 最新ニュース – ニフティがパソコン通信を来年3月に終了,19年の歴史に幕

19年。長いのか短いのか判断に戸惑いますが、パソコン通信が終焉を迎えます。ニフティの把握ではパソコン通信をサービスしているプロバイダはないとのことなので、あとは「草の根ネット」が日本にどれだけ残っているか分かりませんが、それだけということになりますね。

自分もニフティのパソコン通信は長く使っていました。最初に買ったモデムがアイワの2400bpsのもの。それをカシオワード(カシオ計算機のワープロ専用機)につないで、ニフティにつないでいたのです。ワープロ側でエラー制御が出来ず、文字化けしまくってましたが。
その後は、14.4kbps、28.8kbps、56kbpsと着々と速いモデムに買い替え、クライアントもカシオワードから98ノート+WTERM、Windows PCとNifTermといった具合で環境改善していったのです。とにかくニフティを便利に使うために。

思えば、今作っているDmBloggerはNifTermのような自動巡回ソフトと相通じるところもあるし、そういうのが好きなんですねぇ私は。

インターネットがこれだけ普及した今、リナザウのような小さい機械でさえ、インターネットに10Mbpsとかで接続できているわけです。どうせ、パソコン通信サービスが存続していたところで、実際に使うことはないでしょう。それでも、何だか惜しいような気がするものです。

Follow me!

Filed under: ブログ

About the Author

Posted by

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。北九州市出身、横浜市在住。 2000年よりプログラマ・SEとして企業の業務システム開発に従事し、2012年に独立。AIやIoTに強いITコーディネータとしても活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

コメントを残す