新幹線に乗り換え

新幹線に乗り換え

東京行のはやぶさ・富士は、広島での線路点検や、東海道線の通勤ラッシュ等の影響で45分の遅れとなりました。
そのため、東京方面へ、静岡より新幹線での振り替えが行われることになったのです。
私は、必ずしも急いでいるわけではないのです。
しかし、すっかり目覚めたあと、東京までは座っているだけです。
同じ座るなら、新幹線の方が楽。
せっかく、新幹線にも乗れるようになったのだから、乗っておこうと思い、静岡で、こだまに乗り換えました。
これで、はやぶさ・富士とはおさらば。

ブルートレインでの旅路を振り返ると、開放B寝台は、セレブリティとはまったくの無縁。
向かい合う座席の上下段で、4人の顔が集うコンパートメントは、即席合コン状態。
もちろん、若い女性の存在は皆無で、合コンにはなりませんがね…。

ただ、そういう場所では、知らない相手でも、声を掛けて話をした方が楽しくなります。
今回は、同業同年代の男性と、熱海へ向かうというオバサマ2名と同席。
寝るまでの間は男性と、起きてからはオバサマと、お話をしていました。
その男性もブログをやっているとのことで、アドレス交換しましたが、見ていただけているでしょうか?
ネタにしました、すいません。

さて、あと1時間もすれば東京です。
その後、熊谷に行きますが、どうやって行くかな…?

新幹線に乗り換え
これに乗ってきたのである。

新幹線に乗り換え
下の通勤電車と比べると、明らかに静岡駅に遅れて到着したことが分かる。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします