秋の桐生旅行

去年に続き、秋は後藤真希コンサートを見るために桐生です。今年は、明後日(11月6日)です。

去年は、行きの道程で乗り遅れ、新宿駅で必死にどうやって行くかを考えたことを覚えています。
何とか新幹線に乗ってたどり着き、会場に着いたのはギリギリでした。
結局、行きが新宿~大宮~(新幹線)~高崎~桐生。帰りが桐生~小山~(湘南新宿ライン)~新宿。
これだと、往復で交通費が1万円近くとなります。(往復、新幹線なら完全に1万円超。)

去年は昼公演だけでしたが、今年はなんと昼夜2公演を見ます。
夜公演は終了が21時なので、そこから当日中に東京の自宅に帰るためには、桐生発21:43で普通列車を乗り継ぎ。自宅には25:30頃の到着予定。
4時間かかるか…。桐生に泊まるか…?

行きは、その日の午前中が市ヶ谷の法政大学62年館で単位修得試験なので、その後の出発。
こちらは、様々な選択肢があります。
順当に、湘南新宿ラインと両毛線の乗り継ぎ。
豪華に行けば、新幹線と両毛線の乗り継ぎ。
奇をてらって、浅草か北千住から東武特急りょうもうに乗って、わたらせ渓谷鉄道に乗り継ぎ。
ざっと、こんなところです。

まだ悩み中です。
その道程は、当日、このブログに書くでしょう。

去年の記事(2004/11/20)
桐生への長い道程
新幹線に乗ったはいいが・・・

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします