株式会社WEB2.0の正体は?

“デジタルガレージとぴあ、カカクコムは、3社による合弁会社「株式会社WEB2.0(仮称)」(ウェブツーポイントオー)を11月15日に設立する。”

株式会社WEB2.0の正体は?--まずはプロを自動で探してくれる「PingKing」開設
デジタルガレージとぴあ、カカクコムは、「Web2.0」に基づき、新ポータルの開設やWebサービスのAPI公開、ブログマーケティングデータ提供など実施する合弁会社「株式会社WEB2.0(仮称)」(ウェブツーポイントオー)を設立する。

昔っからインターネット世界の有名人である伊藤譲一氏が顧問のデジタルガレージを中核に、そのものずばりな名前の会社が出来るという記事。
最初のサービスとなるPingKingも期待したいが、それよりもチケットぴあや、カカクコムを巻き込んだオープンAPIが気になる。

dm。としては、特にチケットぴあが提供するオープンAPIは期待大。
ハロプロ関連イベントの情報提供や、場合によってはチケット販売に展開できる可能性がある。

エンジニアとしては、AmazonやGoogleといった外資系が先行するオープンAPIの世界で、日本企業もついに参入する状況が出来るというのは、素直に喜ばしい。

Follow me!

株式会社WEB2.0の正体は?” に対して1件のコメントがあります。

  1. デジタルガレージ、ぴあ、カカクコムが次世代IT技術を生かした新会社を設立

    個人的には意外な組み合わせだったりします。

コメントを残す