「しばしのお別れ」と書いたばかりだけど…

書くしかないか…。
例の、各ニュースサイトを騒がしている、明日発売のフライデーのアレ。

とりあえず、自分はその写真を見たわけでもないし、真偽の程は定かではないのですが、それなりに騒ぎになるのは仕方ないわけで。
場合によっては、何かある…と、覚悟しないわけにはいかない。

それにしても、タバコか。
もちろん、年齢的に吸ってはいけない。でも、なったばかりとはいえ18歳だし、同年代の隠れ喫煙率は結構、高いんだろうな…。(自分も学生時代、結構、眼にしたしね。自分は今も含めて吸わないけど。)
バレずに大人になったら、飲みの場でのミニ武勇伝になるだけ…。そういう話といえば、そういう話。
でも、だからといって吸って良いとはならない。
それは、履き違えてはいけない。

特に、芸能人というのは、社会的影響が大きいのであって、それだけ責任も大きい…。特に同年代への悪影響が…という話になりがち。(だから謹慎とかになる。)
今ひとつ、その論調は、しっくりこないような気もするけど。(世の中の18歳は、そんなにウブでコドモなのか?という…。)

ただ、イメージは決定的に良くない。これは間違いない。(責任論より、よほど納得できる。)
特に、アイドルなわけです。しかも、タバコとは正反対のキャラにあったわけです。
この件で、醒めてしまったファンが少なくないかもしれない。
そのインパクトが、彼女の今後に影を落とすかもしれない。

とはいえ、彼女自身にとっても、事務所にとっても、これからが正念場。
しっかり謝ることが肝心。謹慎して、自省して、その後の彼女がどういう行動をとるかが肝心。
そこを見ている人は、少なからずいるはず。
少なくとも、自分はそう。
(自分も含めて)人は過ちを犯すことが絶対にある。それは仕方のないこと。
だから、その過ちから何を得て、自省して、次につなげるか。それが、その人の勝負ポイントだと思う。
そこでちゃんと次につなげられた人は、むしろ尊敬の対象だと思うのだ。

芸能人は社会的影響が…論を逆手にとって、そうやって、良い影響に転換させる馬力を見せて欲しい。
そうすれば、今までのイメージと同様に…とはいかないだろうけど、彼女の別の新しい魅力が生まれるに違いない。

ここまでは、あくまで真偽が「真」に出た場合の話。
本音を言うと、「偽」であって欲しいけど…。

22:54付のニッカンスポーツによると、フライデーの記事がほぼ事実で、謹慎が決まったとのこと。
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-060209-0020.html

真偽は「真」に出たということ。
これからが、彼女の正念場。再起を祈るしかありません。

あと、事務所には、他のメンバーのケアをしっかりやって欲しいと思います。
ハロプロには若年層が多く、身近な存在でこのようなスキャンダルが起きたとなると、その影響が心配です。
また、ファンには冷静な行動が求められます。変に騒ぐと、余程、他のメンバーへの影響が気になります。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします