comment 0

大志を抱け。

大志を抱け。

羊ヶ丘展望台にやって来ました。
そう、クラーク博士であります。
ちょうど、時計台でも見た、というか、時計台はもともと北海道農学校の演武場であって、その北海道農学校の教頭がクラーク博士だったのですね。

私も大志を抱こう!と、思う次第。

羊ヶ丘展望台公式ホームページ

大志を抱け。
羊ヶ丘展望台には、羊がいる。奥に見えるのは札幌ドームだ。

大志を抱け。
北海道日本ハムファイターズである。
さっぽろ(地下鉄駅はひらがな表記)から、東豊線の終着駅である福住で、羊ヶ丘展望台行きのバスに乗ることが出来る。その福住は、札幌ドームの最寄り駅でもある。
だから、いたるところで、北海道日本ハムファイターズのポスターやフラッグを見ることが出来た。
福岡もそうだが、地方都市に本拠地を置くプロ野球球団というのは、その地域の全面的な声援を得ることが出来る。

大志を抱け。
羊をアップで。そういえば、私は未年生まれであった。やぁやぁ。

大志を抱け。
毛の刈られた羊もいる。

大志を抱け。
オーストラリア館(単なる食堂と土産物店)や、チャペル。

Follow me!

Filed under: ブログ

About the Author

Posted by

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。北九州市出身、横浜市在住。 2000年よりプログラマ・SEとして企業の業務システム開発に従事し、2012年に独立。AIやIoTに強いITコーディネータとしても活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

コメントを残す