IrSimple

さりげに、今、仕事帰りだったりするのですが、それは良いとして。

昨日、SH903iで写真を撮って、赤外線でZaurusに送り込もうとしたら、SH903i側ではものすごい勢いで送信完了しているのに、Zaurusはウンともスンとも言わない。
もちろん、赤外線受信の準備はしているのに、ダメ。

何度やってもダメなので、ちょっと調べてみると、SH903iの赤外線はIrSSという企画らしいのです。一般的にはIrSimpleというらしい。
従来の赤外線はIrDAで、Zaurusが対応しているのもこれなんですが、IrSimpleはハードウェア的には同じ物を使うけど、プロトコルが違うとか、そういう話とのこと。

ざっとググってみても、Zaurusで動くIrSimple送受信ソフト?のようなものは、見当たらないし、どうやらZaurusはSH903iとは赤外線通信できないらしい。
ん~、困ったな。いちいちメールで送るしかない?
ZaurusのUSBホストケーブルを持っているので、SH903iをマスストレージとしてつないで、データのやり取りをすることは、多分できるでしょう。でも、ケーブルを常に持ち歩くのも、嫌な感じ。やっぱり、メールか。
あぁ、SDカードもあるか。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。