comment 0

大阪のエキナカは凄かった!「エキナカ酒場 しおつる」

JR大阪駅のエキナカに一人飲みに適したお店があったので、行ってきました。エキナカ酒場 しおつる。

エキナカ、しかも改札内での一人飲みって、東京ではやったことがない。
小田急新宿駅の改札外に立ち飲み屋があって、そこには足繁く通っていた時期があるのだけど。

で、こういう駅にあるお店は、つまみといってもシンプルな唐揚げとか、枝豆とか、そういうものしかないのが常なのだけど、やっぱり食い倒れの街だからなのか、アワビが出てくるのが凄い。
写真は、活けアワビの醤油バター炒め。これで380円。安い。

ホッピーは置いてなかったから、生ビールを発注。あとマグロ山かけも。このマグロはヅケマグロになっていて、なかなか手が込んでいるお店だなぁと。

焼酎はそれほど種類はないけど、自分の好きな芋焼酎で喜六を水割りで。

しめて、ドリンク2杯、つまみ2品で、1,520円。まぁ、こんなもんですかね。
改札内でこんな思いが出来るのなら、大阪に住んでいたら毎日のように通ってしまいそうだなぁ。

Filed under: 旅・食べ物

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す