comment 0

Evernoteもついに対応。iPhone 6sの3D Touchを活用していきたい!

iPhone 6sを使い始めて3日目。
常用しているアプリもだいたい入れたし、iPhone 6用のケースもそのまま使えるしってことで、平穏な時間が流れ始めました。

IMG_0042

GRAMASのiPhone 6用の本革ケース。iPhone 6sでもふつうに使える。
ただ、こうした画面部の端を覆うようなケースは、iPhone 6sの新機能である3D Touchを使ったアプリ切り替えには不向きです。画面の端を押し込むとアプリ切り替えになるのですが、押しづらいんですね。

新しい使い心地を提供する3D Touch

さて、そんな3D Touchは、iPhone 6sのウリの1つ。iPhone 6をiOS 9にバージョンアップしてもこれには対応できないわけで、iPhone 6s / 6s plusユーザだけの特権です。

iPhone 6sを使い始めて1日経ちました。

SIMフリー iPhone 6s の実機レビュー(開封〜LTE接続編)

非常に使いやすい端末で、指紋認証も…

ホーム画面でカレンダーのアイコンを押し込むと新しいスケジュールが追加できたり、ミュージックアプリを押し込んでBeats 1をすぐに再生したりできます。
Safariでリンクを押し込むとリンク先のページがプレビューできるように、アプリ自体のユーザインタフェースも向上させることができたり、非常に便利だし、可能性を感じます。

サードパーティアプリの対応はこれから

ただ、なんでもかんでも押し込んでいると、3D Touchに対応していないことを示す短い振動が返ってきて、がっかりします。

がっかりするのも嫌だから、押し込む操作をやめてしまうというのも残念なので、3D Touchに対応したアプリが増えることを待つしかありません。

既に3D Touchに対応したアプリ

そんな中で、既に3D Touchに対応したアプリも出てきています。

iPhone 6s発売日に対応したInstagram

IMG_0047

Instagramは対応が非常に早かったですね。iPhone 6sが発売された9月25日は対応バージョンを公開していました。

ホーム画面でInstagramのアイコンを押し込んでみると、New Post、View Activity、Search、Directの4つのメニューが表示されました。

Evernoteも対応

evernote-ios9_092715_113928_AM

Evernoteは昨日、新バージョンが公開されました。
新機能の説明に、3D Touchで何ができるかがきちんと書いてあります。
Safariと同じようにリンクを押し込むとリンク先のプレビューができるのは嬉しいですね。

IMG_0046

ホーム画面でEvernoteのアイコンを押し込むと、新規ノート、写真を撮影、リマインダーを設定の3つのメニューが表示されました。
Androidにはウィジェットがあるので、ホーム画面からすぐにEvernoteの新規ノートを作成できますが、iPhoneでは、アプリを開いてからノート作成のアイコンをタップするという2回の操作が必要でした。それが、3D Touchに対応したことでホーム画面からすぐに新規ノート画面に遷移することができるようになりました。

手当たり次第、押し込んでみた

いま手元のiPhone 6sにインストールしてあるサードパーティアプリを試してみました。(9/27時点)

  • Gmail 未対応
  • Facebook 未対応
  • Facebookメッセンジャー 未対応
  • LINE 未対応
  • Twitter 対応!
  • チャットワーク 未対応
  • Slack 未対応
  • Google Maps 未対応
  • Google 未対応
  • Chrome 未対応
  • Feedly 未対応
  • WordPress 未対応
  • Dropbox 対応!
  • Googleドライブ 未対応
  • OneDrive 未対応
  • Kindle 未対応

ということで、まだまだ対応率は低いですね。

いずれ3D Touchに対応するのがデフォルトになるのでしょうが、当面は似たような機能のアプリなら3D Touch対応アプリを選ぶというようなことがあるかもしれませんね。

Filed under: ガジェット

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す