はくたか563号で浅草今半プロデュースのロースステーキ重を食す!

今日と明日は富山への出張ということで、東京駅からはくたか563号に乗っています。富山へは2時間半ほどの旅程。

12時半頃に出発するのに備えて、東京駅の中で昼食探しをしたところ、見つけたのが浅草今半プロデュースのロースステーキ重です。一日中ごった返している東京駅コンコース1階の駅弁・祭は避けて、グランスタサウスコートの地下へ。1階だけでなく、地下でも弁当を売っているお店がたくさんあるんですよね。

こちらがロースステーキ重。

ポイントは、弁当箱の外に付けられているステーキソースです。

よくあるステーキ弁当だと、ステーキソースはあらかじめお肉やご飯の上にかけられているので、ごはんがステーキソースの味しかしないことが多いのです。

しかし、浅草今半はステーキソースが外付け。そのため、食べる直前にかけることができるのです。その分だけ、その鮮烈な味わいを楽しむことができるし、ご飯はご飯そのものの味を残したまま、まだらにステーキソースがかかっているのが美味いというわけです。

ロースのお肉はもちろん柔らかく、やはりよくあるお弁当のステーキの域を超えているように思いました。

東京を出る間際に食べ始めたお弁当は、大宮に着く頃には完食。外に降っていた雨も止んでいました。今晩の食事は富山。魚を避けてステーキを昼食に選んだのが功を奏するかどうか・・・。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします