コメント 0

はくたか563号で浅草今半プロデュースのロースステーキ重を食す!

今日と明日は富山への出張ということで、東京駅からはくたか563号に乗っています。富山へは2時間半ほどの旅程。

12時半頃に出発するのに備えて、東京駅の中で昼食探しをしたところ、見つけたのが浅草今半プロデュースのロースステーキ重です。一日中ごった返している東京駅コンコース1階の駅弁・祭は避けて、グランスタサウスコートの地下へ。1階だけでなく、地下でも弁当を売っているお店がたくさんあるんですよね。

こちらがロースステーキ重。

ポイントは、弁当箱の外に付けられているステーキソースです。

よくあるステーキ弁当だと、ステーキソースはあらかじめお肉やご飯の上にかけられているので、ごはんがステーキソースの味しかしないことが多いのです。

しかし、浅草今半はステーキソースが外付け。そのため、食べる直前にかけることができるのです。その分だけ、その鮮烈な味わいを楽しむことができるし、ご飯はご飯そのものの味を残したまま、まだらにステーキソースがかかっているのが美味いというわけです。

ロースのお肉はもちろん柔らかく、やはりよくあるお弁当のステーキの域を超えているように思いました。

東京を出る間際に食べ始めたお弁当は、大宮に着く頃には完食。外に降っていた雨も止んでいました。今晩の食事は富山。魚を避けてステーキを昼食に選んだのが功を奏するかどうか・・・。

Follow me!

コメントを残す