EPSON Endeavor ST190Eを中古で導入

ここ最近で一気に自宅のネットワークとiPad Proの環境が整ったので、自宅にWindows PCのリモートデスクトップ用マシンを追加することにしました。

iPadでPC環境が必要な作業を行う場合、自宅にMacBook Proを置いておいてそこにVNCで入るという方法もあるのですが、こういうときはデスクトップPCの方が不意に落ちていなくて良かったりします。また、適当なVPSのWindows Serverを構築するとか、AWSのWorkSpaces環境を使うとか、色々選択肢もあります。ただ、いずれにしても月に4000〜5000円の費用がかかるため、年間で5〜6万円となると、ちょっと考えたくなります。

そこで、自宅にデスクトップのWindows PCを置いて、そこにVPN経由でリモートデスクトップすれば良いという結論になったのです。
購入したのは、こちら。

中古で購入したので、39,800円でした。AWS WorkSpacesを8ヶ月使った時と同じ金額ですね。でも、圧倒的にレスポンスが良い!

スペックは、Intel Core i5 8500T(2.1GHz、ターボブースト時3.5GHz)にメモリが16GB、起動ドライブとして128GBのSSDが入っていました。OSはWindows 10 Pro。なかなか素晴らしい。

早速、中を見てみました。

SSDはKingstonのものが入っていたので、おそらく前の持ち主が換装したのではないかと。メモリは8GBが2枚入っています。これを16GBを2枚にすれば32GBまで持っていけます。

さらに、m.2スロットがありますよね。ここに早速、手持ちの2TBのSSDを入れ、こちらを起動ドライブにしました。

m.2スロットにSSDを入れた直後の写真撮影を忘れたのですが、こんな感じになりました。元々の128GBのSSDは外したのですが、ここは2.5インチのドライブが2台入ります。RAIDを組むこともできるようなので、今後考えます。

CPUなんですけど、意外と普通にスロットに挿してあるんですね。ということはCPUも換装できるということだなぁ…。

ということで、意外なほどに色々換装できそうで、ワクワクが止まらない!

コンパクトなPCなので、こんな感じでJetson nanoの横に収まりました。

LTE経由のVPNで接続したiPad Proからリモートデスクトップで入るとサクサク動作してくれているので、今後しっかり使っていきたいと思います。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。株式会社ビビンコ代表取締役。コールセンターへのAI導入プロジェクトに参画したことをきっかけに、AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。株式会社ビビンコでは、IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。