comment 0

Windows 10 May 2020 Update (2004)にWSL2のUbuntuを新規インストール

昨日はRAID1化したEndeavor ST190Eですが、あらかじめWindows 10 May 2020 Updateへの更新も完了していたので、WSL 2へのUbuntuの新規インストールについて書いておきます。

以前はWSL1からWSL2へのアップデートについて書いたのですが、今回は新規インストールです。

ずいぶん長いタイトルになりましたが、やりたいことはこのとおりです。

MacBook Proにメインデバイスを移して以来、1か月弱の間、Surface Pro LTE Advanc…

WSL 2の導入

まずはWSL 2の導入を行います。PowerShellを管理者として起動し、下記のコマンドを順に実行します。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart
dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

ここまで終わったら、一旦、Windowsを再起動します。

再起動が完了したら、こちらのサイトからWSL 2 Linuxカーネルをダウンロードして、インストールします。

再び、PowerShellを管理者モードで起動し、下記のコマンドを実行します。
これで、WSL 2がデフォルトで使用されるようになります。

wsl --set-default-version 2

次に、Ubuntuをインストールします。UbuntuをはじめとするWSL用のLinuxディストリビューションはMicrosoft Storeアプリからインストールします。
いま、Ubuntuをインストールすると、Ubuntu 20.04 LTSが導入されます。

Ubuntuのインストールが終わったら、WindowsのスタートメニューにUbuntuが登録されるので、それを起動します。(Microsoft StoreからWindows Terminalをインストールすると、そこからUbuntuを起動することもできます。
最初の起動では、Ubuntu上でのユーザ名(Windowsと別でも構いません)と、パスワードを指定します。

aptを使ってパッケージの更新を行います。

sudo apt update
sudo apt upgrade

デフォルトではメッセージ等が英語で表示されますので、日本語にします。

sudo apt install language-pack-ja
sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8
exit

タイムゾーンの設定を行います。Windowsの設定を引き継ぐので、デフォルトで日本時間になっていると思います。

sudo dpkg-reconfigure tzdata

manコマンドで表示されるマニュアルも日本語にします。

sudo apt install manpages-ja manpages-ja-dev

これでWSL 2でのUbuntuの使用準備が整いました。

Filed under: プログラミング

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す