独自のフレームワークをオープンソース化、テンアートニ

@IT:独自のフレームワークをオープンソース化、テンアートニ

フレームワーク開発において、初期の1つの「上がり」かなと思います。このテンアートニの試みが上手くいけば、同社は業界内で一定の地位を確保することが出来るでしょう。
自分も数年前、勤めている会社で「ベースフレームワーク開発→スキル蓄積・アダプタ追加による機能拡張→フレームワークを核とした他社との協業」といった提案を行ったことがありました。悲しいかな、それは実らず、ただStrutsを使っている人になりましたが・・・。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。