引越後のネット環境

おととい、新しい部屋の契約が完了し、引越日も2月11日に決定しました。

ついては、引越先でのネット環境が気になるわけで…。
今は、NTT東日本のFLET’S光と@niftyの組み合わせ。
どこに引越しても、ずっと使えるのがFLET’Sのいいところですが、次の部屋は建物自体にKDDIの光ファイバーが引かれており…。
素直にKDDI(DION)を使った方が、料金的にも随分オトクなのです。

しかし、実際にKDDIの光を使うには、申し込んでから3~4週間かかるとのこと。
さて困った。
引越前に早めに申し込んでも、1~2週間はネットが使えない状態になりそう。
さて、どうするかな。

  1. 我慢する
  2. WILLCOMのデータ通信カードレンタルを使う
  3. この際、WILLCOMを契約してみる

実際は、フルブラウザ付の携帯があるし、ブログの更新も携帯から出来るので、完全にネットが使えないというわけでもないのですが。

何気に、ネットなしもアリかな…と、思ったり。
こんなことでもなければ、ネットなしなんて発生しないだろうし。

で、その感想をブログに書く…と。
意味ないじゃん。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします