最初の一歩のために勘違い

インターネットで人がつながるということ – ガ島通信: “この話をしてくれた人も、パソ通に「夢がある」「社会が変わる」と(振り返ってみれば)勘違いしたから一歩が踏み出せた。そう考えると梅田氏の言葉を信じて何かに一歩を踏み出してみるのも悪くないのではないでしょうか。もちろん、最終的には自分自身が「何をするのか」にかかってくるわけですが、最初の一歩のために勘違いというのは案外素敵なんじゃないかと思ったりしています。”

Googleリーダーでスターをつけておいて、しばらくほったらかしていたのですが(私にとってGoogleリーダーのスターは「あとで読む」であり、本当のお気に入りのエントリーはdel.icio.usに保存されるのです。)、読んでみるととても良いエントリーでした。なにか、心が温まるものがありました。

このinoccu’s blogは、まだ始めたばかりで、ここに書いたことが誰かに伝わっているのだろうか…と思うことは、しばしばあります。もう一つやっているブログ「digitalmorning」の方は、さすがに3年もやっているだけあって、非常に安定したアクセス数になっているのですが、それと比べると、こちらの方は残念な感じ。まだ、まともに書き始めてから1ヶ月も経っていないので、それこそ「期待しすぎ」なわけですが。

inoccu’s blogは、

  • 単なる日記にしないこと
  • 少しでも読んでいる人の役に立つ文章を書くこと
  • 良いことを良い人に伝えること

を考えて、書いています。

藤代さんのこのエントリーを読んで、自分が考えていることは間違いではない。
だから、気長に続けていこうと思いました。焦らず、一歩一歩です。
きっと、勘違いではないはず…です。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。