comment 0

国内企業のIT人材に不足感高まる

IDC Japanは12月16日、国内のIT人材状況に関する調査結果を発表した。企業の社内IT人材は減少傾向にあり、あらゆるスキルにおいて不足感が高まっているという。一方、ITサービスベンダーの人材育成では、高スキル人材の育成やグループ全体での人材マネジメントに課題があるとのことだ。

引用元: 国内企業のIT人材に不足感高まる–IDC Japan調べ:ニュース – CNET Japan.
ホンマかいな。
これ、不足感はあるかもしれないけど、採用意欲までつながっているのだろうか。そこが非常に疑問。
CNET Japanのサイトには、国内企業の所属別(本社、事業子会社、情報システム子会社)での社内IT人材の増減グラフがあります。これを見ると、減少率は本社<事業子会社<情報システム子会社の順となっており、増加率は情報システム子会社>本社>事業子会社。
人を採るときは本社から遠いところで採り、人を減らすときも本社から遠いところからってことか。

ITサービスベンダー人材育成では、高スキル人材の育成やグループ全体での人材マネジメントに課題があるとのことだ。

これも昔から言われていることで、特に目新しい話でもなく。どんなに不況でも、高スキル人材なら必要なのです。低スキル人材何人かと入れ替えれば良いのだから。
この不況を抜けた先には新しい世界が広がっている。そういう声を聞きますが、IT業界(特にSI業界)ではどうなのでしょうか。

Filed under: ビジネス・経営

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す