一人飲み初心者にも入りやすい上野・御徒町の立ち飲み3軒

一人飲みとか結構行くんですよ・・・という話をすると、最近結構言われるのは興味はあるけど一人では行ったことがない。どこには行ったら良いか分からないといったこと。

最近、上野・御徒町界隈の立ち飲みに行っていて、初心者でも入りやすいお店を見つけましたのでご紹介!

スーパーでお総菜を買う感じで飲める、御徒町・味の笛

DSC 0002

まずはJR御徒町駅の高架下にある「味の笛」。
駅の南口改札を出ると、すぐ隣にあるので場所に迷うこともありません。

味の笛は、御徒町駅前で長年食品スーパーを営む吉池の直営店。最近、ユニクロとGUの入るお洒落なショッピングビルになりましたが、地下では今もスーパーを展開しています。
吉池の売りである鮮魚をそのまま味の笛でも使っているので、料理は刺身や焼き魚が主体です。

味の笛がなぜ初心者にお勧めなのか。
それは、注文はすべてカフェテリアスタイルになっているから。刺身と一品料理はすべてパック詰めのものを取って、焼き魚と焼き鳥は大皿に盛られているものを自分でトレーに載せて、レジに持っていきます。そこで会計をして、温めが必要なものは電子レンジで温めてくれます。お酒も合わせて注文すると、その場で注いでくれます。

お支払は現金の他、Suicaにも対応。
スーパーの総菜売り場でつまみをかって、その場で飲むような感じなのです。
立ち飲みの他、テーブル席もあるので、座ってゆっくり飲むこともできます。

DSC 0039
味の笛は日本酒の品揃えが豊富

とりあえず、とりあえずを頼もう。アメ横・ます家

DSC 0001

池袋や芝大門にもある「ます家」の上野店がアメ横から一本外れた通りにあります。
ます家で注文したいのは「とりあえず」。小さめの鶏の唐揚げにガーリックの効いたタレをかけてあります。
これと一緒に飲むビールが旨いのです。

あと、名物はおでんでしょう。静岡風の黒おでんです。タネは小さめなので、いろいろな種類を食べることができるのも嬉しいですね。

ます家は基本的には立ち飲みですが、昼間などお客さんの少ない時は椅子が置いてあるので座って飲むことができます。

これぞ立ち飲み、上野・タキオカ

2015 07 24 20 31 57 deco
タキオカの牛スジ煮込み

タキオカは上野に3店舗構える立ち飲みの定番。
キャッシュ・オン・デリバリースタイルなので、注文したその場で料金を支払い、提供を待ちます。
最初は千円札で払って、そのおつりはテーブルに置いたままにしておくのがオススメ(ついでに財布に入っている小銭もありったけ)。
そうしておけば、店員さんが注文の度に適当に持って行ってくれます。

タキオカに入ったら、まずは壁のホワイトボードを見ましょう。
日によって、結構、料理の種類が違います。特に刺身は、マグロやシメサバ、なめろう、えんがわといったあたりですが、ない日や時間帯があるので、要チェックです。

刺身が切り立ての時は、店員さんがトレーに小皿をいっぱい載せて、売り歩くこともあります。
そうすると、つい買っちゃうんだなぁ。まぁ、1皿200円くらいだから。

2015 07 24 20 46 13 deco

ちょっと変わったメニューがあるのも、タキオカの面白いところ。
「野菜天ぷら」は、まぁタマネギのかき揚げなのですが、他の野菜もちょっと入っています(たぶん、日によって入っている野菜が違う)。天つゆもちゃんと出てきます。
「じゃがカレー」は、大きめのジャガイモがどんと入ったカレーのルーなのですが、これが意外とつまみになるのですね。

上野・御徒町には立ち飲みがまだまだ

上野・御徒町界隈には、まだまだ立ち飲み店があります。
私もまだ全部入ったわけではないので、開拓したらまたご紹介します!

DSC 0025

飲み疲れたら、アメ横名物の果物の食べ歩きも。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします