高野山東京別院から八十八ヶ所をスタート

5月5日、ついに御府内八十八ヶ所巡りをスタートしました。

近所の新井薬師(第71番札所)で出発報告をしてから、まずは第1番札所の高野山東京別院へ。
巡る順序は問わないつもりなのですが、「江戸御府内八十八ヶ所 御朱印を求めて歩く 札所めぐりルートガイド」という本を読むと、御朱印帳は出来れば東京別院で購入したものが良いと書いてあったのです。その理由はなぜだか書いてありませんでしたが、とりあえずはそれに従うことにしました。

高野山東京別院は品川にある

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
JR品川駅

品川にやって参りました。
高野山東京別院の所在地は港区高輪。東京の高野山は、ずいぶん都会にあるものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ビルの合間に高野山東京別院はあります

遍照殿

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
時候柄、鯉のぼりです

こちらが東京別院の中核となる遍照殿。

空海を宗祖とする真言宗の御宝号は「南無大師遍照金剛」。大師というのは空海の諡号である弘法大師のことであり、真言宗のお寺では「南無大師遍照金剛」と唱えてお参りします(般若心経や十句観音経の方がもっと良いのかもしれませんが・・・)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
不動堂

真新しい建物ですが、東京別院にも不動堂があります。
高野山の方にある不動堂は、そちらは国宝です。

御朱印帳はこれ!

DSC_0113

東京別院ではいくつかの御朱印帳を扱っていますが、こちらが御府内八十八箇所用?のもの。少し大きめで、紙を紐でまとめたような形になっています。(この形が後で役に立つ!)

道のりは続く・・・

ということで、第1番札所でのお参りを済ませ、次はどこへ。
都会ならではの悩みが徐々に出て来るのです。。。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします