comment 0

第5番札所 金剛山延命院

5月5日、ついに御府内八十八ヶ所巡りをスタートしました。

近所の新井薬師(第71番札所)で出発報告をしてから、まずは第1番札所の高野山東京別院へ。
巡る順序は問わないつもり…

東京別院のある高輪から30分ほど歩いて、南麻布にある第5番札所、金剛山延命院に向かいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金剛山延命院

延命院さんは南麻布の住宅街の中にひっそりあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

金剛山延命院

こちらが本堂。誰もいません。

ちょうどお隣の住人さんが声を掛けてくれて、御朱印が必要ならセルフサービスになっていることを教えてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

御朱印はこちらから

窓に立てかけてあるクリアケースの中に、御朱印が入っています。代わりに、白紙を置いていくのがルール。

蛇腹型の御朱印帳だと白紙を置いていくといっても難しいのですが、東京別院で購入した御府内八十八ヶ所集印帖なら、紙を紐で綴じているだけなので、白紙を置いていくことが出来るのです。もちろん、置いてある御朱印もピッタリサイズ。

他にもこのようなスタイルのお寺さんはありそうなので、やはり御朱印を集めるなら、東京別院で購入した御朱印帳がベストのようです。

Filed under: 旅・食べ物

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す