2017年はしっかり学んでいきたい

DSC 0097

新年、あけましておめでとうございます。

中野に自宅&会社を移して最初のお正月。元日は近くの新井薬師梅照院に初詣に行きました。
新井薬師は西武新宿線の駅名(新井薬師前)にもなっていますし、そもそもその一帯の住所が中野区新井でもあるので、非常に存在感のあるお寺。それだけに、初詣もかなりの行列になっていました。

神社ではなくお寺。それも真言宗(豊山派)のお寺なので、本堂からは般若心経や真言(おんあぼぎゃ〜べいろしゃのう〜まがぼだら〜まにはんどまじんばらはらばりたや〜うん)が聞こえてきます。

DSC 0102

おみくじを引きました。中野に引っ越してからも何度かお参りしておみくじを引いたのですが、なかなか辛口で、んー、ここに引っ越してきて良かったのだろうか・・・って感じだったのですが、今回はなんと大吉!

でも、手放しに褒めそやしてはくれないのが新井薬師なのか。

今のあなたに必要なのはしっかり大きく伸びる根っこ
まずは下に伸びる根を育てることから始めよう

ふむ。良いこと言いますね。

年末に書いたように、今年は勝負の年と思っています。いろいろなチャンスがいただけて、その成果を出すべき年。

2016年はチャンスの年、2017年は勝負の年

でも、アウトプットばかりではダメです。基礎をちゃんと学ぶ、最新情報もきちんとつかまえる、そうした日々のインプットをきちんと行った上で、アウトプットしていきたいと思います。「7つの習慣」でいうところの、P/PCバランスというやつです。パフォーマンス(P)を発揮するためには、そのための能力であるパフォーマンス・ケイパビリティ(PC)をきちんと養わなければなりません。

それが、このおみくじが言うところの「根を伸ばす」ということではないでしょうか。根をきちんと張るから芽が出て花が咲きます。

もちろん、根を張るというのは、学ぶということだけではなく、人とのつながりといったものもあるのは言うまでもありません。しかし、それもまた個人の学びがあってゆえではないかと思います。
また、きちんと成果を出してご期待に沿うことが、次のチャンスに向けた根を張るということにもなります。またしても「7つの習慣」用語で言えば、信頼残高もまたPC活動であるといったところでしょう。

そんなわけで、今年は「勝負の年」ということとあわせて、きちんと学び、きちんと成果を残していきたいと思います。

皆さま、本年もよろしくお願いします。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします