Surface GoとiPad Pro

ここ最近、Surface Go LTE Advancedのことばかり書いているので、一応の区切りでiPad Proとの比較について書いてみようと思います。

位置づけの違い

まず前提にしておきたいのは、Surface GoとiPad Proの位置づけの違いです。いちおう、世の中的にはiPad Proがタブレット市場で先行していて、それを追いかける存在としてSurface Goというのがあると思うのですが、それは一面では正しく、別の一面では異なるというのが実情でしょう。

Surface Goは10インチのタブレットで、外付けのキーボードやペンといったオプションは先行するiPad Proと似ていますが、大前提としてSurface Goは歴としたパソコン(Windows 10)であり、iPad ProはiPhoneと同じOS(iOS)を積んでいるという点が大きく異なります。そして、その違いが実用面においても大きく影響してきます。

性能の違い

iPad Proのハードウェアとしての性能は素晴らしいとしかいえません。特に最新のiPad ProはCPUの性能ではAppleがいうように大概のパソコンより優れているといえます。実際の使用感もiPad Proで何らかの処理待ちが発生するのは皆無に近く、極めてサクサク動作します。一方、Surface Goはその上位モデル(メモリ8GB、ストレージはSSDの128GB)であってもソフトウェアのインストールや重めのソフトウェアの起動では待ちが発生します。

実際に、各所のレビューでCPUのベンチマークを見ると、iPad ProがSurface Goを凌駕している様子を見ることができます。

iPad Proができることは圧倒的な快適感がある

IMG_0314

iPad Proを使っていて感じることは圧倒的な快適さです。何をしてもサクサク動くし、処理待ちなんて発生しないし、ちょっとフリーズして再起動しようか…なんてことはまず起きません。もう、快適その上ないのです。

ただ、その快適さが発揮されるのは、iPad Proで「できること」ならです。iOS上で動作するWebブラウザは相変わらず制限があり、WordPressのダッシュボードがきちんと動きませんし、できないことがたくさんあります。

できることは快適、でもできないこともたくさん、というのがiPad Proでしょう。

Surface Goは何でもできるが少しの我慢が必要

IMG_0317

一方、Surface GoはiPad Proと正反対の特徴を示します。Surface Goで動作するのはフルOSのWindows 10なので、基本的にできないことはありません。Ubuntu on Windowsも動くし、VirtualBoxを使うこともできます。Arduinoのプログラミングをして、その成果物をハードウェアに転送することも何の問題もありません。外部ポートはUSB-Cしかありませんが、ふつうのUSBが使えるハブなどを使えば、大抵の周辺機器は苦も無く動作します。

とにかくオールマイティなSurface Goですが、苦言を呈するならCPUがPentium Goldと少し低い性能であることです。大抵のアプリは動作しますが、それが重めのものなら大抵は少し待ち時間が発生します。特にアプリの起動時はちょっと待つのですが、その待ち時間さえやりすごせば、大抵は問題なく作業こなすことができます。

価値観次第

結局のところ、Surface GoとiPad Proにはこのような違いがあり、これは単純なスペック論争ではなく、メーカーであるMicrosoftとAppleの価値観の違いであり、ユーザーがどちらの価値観に共鳴できるかによって、好みが変わるだろうということです。

そのどちらもを使ったことがある人なら、Surface Goを使っているときはiPad Proの軽快さに憧れるけれども、iPad Proを使っているときはあれもできない、これもできないという苛立ちに頭を抱えることでしょう。残念ながらベストなデバイスは存在しないのです。Surface GoにもiPad ProにもLTEモデルが存在しますが、サクサク動いて何でもできてLTEにつながるデバイス(しかもオールマイティなUSB-Cを備えていて、ペンも使える)は、いまのところどんなにお金を積んでも手に入らないようです。強いて言えばLet’s NoteのXZシリーズがそれっぽい気がしますが、12インチというフットプリントがどう見えるかは人によるでしょう。

そんなこんなで、iPad Proには強烈な魅力を感じるけれども、iOSの非力さをどうしても感じてしまって、結局のところSurface Goかなぁと思う次第です。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします