独立7周年を迎えました

7月7日は私の独立記念日です。現在の井上研一事務所の前身であるArtisan Edgeの開業届を出したのが、2012年の7月7日。その翌年、2013年7月5日(7月7日が日曜日だったので7月5日になった)はアルティザンエッジ合同会社の設立記念日です。

ブログを振り返ってみると、昨年は特に何も書いていないのですが、2年前の独立5周年の時にはこんな記事を書いていました。

ステーションカンファレンス万世橋で、リックテレコムさん主催のセミナーに登壇していたようです。こんなことを書いてあります。

それにしても、独立当時のことを考えると、この時点で自分がこのようにセミナーをやっているとは思っても見ませんでした。今週から来週にかけては、4時間のEラーニングの収録、今回のセミナー、さらに来週は6時間の研修が控えています。そのまた次の週には地元・北九州でのセミナーもありますし、本当に、ありがたいことです。

今でこそ、セミナー登壇や研修講師としてのお仕事はたくさんさせていただいているのですが、まだ2年しか経っていなかったということに驚きます。今年も5月からITコーディネータ協会でのAI研修の講師活動が始まっていますし、富山にも呼んでいただきましたし、来月以降も北九州、福岡、山形と予定されています(北九州と福岡はITコーディネータ協会とは別です)。そして、11月には大きなイベントでの登壇も決まっています(たぶん、まだ公開できない)。

たしかに、このようにセミナーや研修で全国を回るというのは、いつかできたら良いなと思っていたことでした。さらに、本を書くというのも40代になってから・・・と思っていたら、30代のうちに2冊書くことになるとは・・・。

こんなことも書いていました。今のような活動は、たしかに「したい」と思っていたことで、それが叶って今に至っているという側面は間違いなくあります。セミナーや研修は引き続き担当させていただいているし、書籍も続いています。

しかし、このような状況がずっと続くのか?ということも危惧を感じています。まずは、自分がきちんと勉強して、できるようになること。人前に立つことについて、それだけのことはやってきたといえる状態を保つこと。それが重要であると思います。

この思いは今も変わりません。そして、成果です。コンサルタントは成果が出てこそです。2年前のこの記事の時点でいただいていたお仕事は、基本的に今も継続していますし、それから増えた新しい種類のお仕事もあります。新しい種類のものの方が、おそらく「したい」に近いものだと思います。

ただ、以前からのお仕事、新しいお仕事の双方で、成果がどこまで出ているか。お客様にどれだけ貢献できているか。それが出来ているからお仕事が継続しているという考え方もありますが、私自身、胸に手を当てて考えてみると、甘えているなぁと思うことも多々あるような・・・。

そして、昨年からは株式会社ビビンコを立ち上げて、その活動も始まっています。ビビンコもいつまでも実証実験中というわけにはいかないでしょう。

そんなこんなで、多忙、多忙で時間に追われながら、どこまで自分の核がしっかり形成され、それが世の中の役に立っているのか。心許なくもあります。一度、静かに考えてみたいという思いもありながら、それが十分にできていない歯がゆさもあります。一方、いろいろと考えることはありますが、ひとまずは目の前のお仕事を一歩一歩着実に進めて、実績を積み上げていくことが何よりも重要だ、とも思っています。

私自身の年齢も先月、40歳になりました。人生の折り返し地点とも言えるかもしれません。いろいろな面で無理が利かない世代にも差し掛かりつつあり、今後の自分の活動についても方針を見直しつつ、引き続き進んでいきたいと思います。

今後とも、よろしくお願い致します。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。