新研修「ITコンサルタントのためのデータ分析体験研修」が終わりました

昨日はITコーディネータ協会での研修講師をしていました。いつものAI研修ではなく、ExcelやPower BIでデータ分析するという新研修です。AI活用の第一歩はデータを集めて、眺めて、分析すること。その初歩的なところを体験していただく研修です。AIだー!という話になったり、IoTでデータを集めても、そこで戸惑うということも多いと思うのです。

企画を始めたのは前年度末くらいだったと思いますが、この3か月間はずっとこの研修が頭の中にあって、どういう研修にしたものかと悩んで、どうにか作り上げました。

出来上がった内容は、下記のようなもの。

  1. データ分析の必要性とプロセス(座学)
  2. Excelで分かる統計の基礎(実習)
    ・平均と中央値、比率、分散と標準偏差
    ・相関分析
  3. Excelでできる回帰分析モデルの構築(実習)
  4. PowerBIによるデータの可視化(実習)
  5. データ分析組織をITCがリードする(座学)

幸い、受講後のアンケートは満足度、理解度ともに高い結果をいただいてほっと一安心。フリー回答ではいくつか課題をいただいたので、次回の開催(秋の予定)までに改善していきたいと思います。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。