Windows 10にAnacondaとTensorFlow+Keras環境を作る

こちらの記事に書いたように、Watson MLにデプロイするモデルのTensorFlowやKerasのバージョン制限が厳しくなりました。Python 3.6、TensorFlow 1.15、Keras 2.2.5という環境が必要になったのです。

いま、自宅にあるマシンの中で最もスペックが良いのはEndeavor ST190Eなので、このマシンのWindows 10にWatson MLデプロイ用モデルの開発環境を作っていきたいと思います。

Anacodnaの導入と仮想環境の作成

まずはPython環境ということで、最新のAnaconda Python 3.7をダウンロードして、インストールします。
このバージョンでは、Python 3.7が導入されますが、後でPython 3.6の環境を作ります。

Anacondaのインストールが終わったら、Anaconda Powershell Promptを立ち上げ、下記のコマンドを実行します。これで、Python 3.6環境が出来上がります。また、Watson ML用のモデル開発環境をcondaの仮想環境で実現することによって、最新のTensorFlowやKerasとは別に環境を管理できるので、望ましいでしょう。

conda create -n py36 python=3.6 anaconda

仮想環境の切り替えは、下記のコマンドで実行します。Windows版のAnacondaでは、仮想環境を作るとWindowsのスタートメニュー上にも仮想環境ごとのメニュー(例えば、Anaconda Powershell Prompt (py36)のような)が追加されます。それを使って仮想環境を切り替えても良いでしょう。

conda activate py36

TensorFlowとKerasのインストール

後は、バージョンを指定してTensorFlowをインストールします。

pip install tensorflow==1.15

続いて、Kerasもバージョン指定でインストールします。

pip install keras==2.2.5

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。株式会社ビビンコ代表取締役。コールセンターへのAI導入プロジェクトに参画したことをきっかけに、AI・IoTに強いITコーディネータとして活動。株式会社ビビンコでは、IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行っている。近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。