Web2.0 それは、新しい世界観。

“Web2.0の世界では、数多く存在するリソース(サービスやコンテンツ)を複合的に利用する事により開発/運営コストは軽減され、サイトとしてユーザにとってどのようなベネフィットを生み出す事ができるのか?と言うサービスが持つ本質的な部分が強く求められる世界になるのでは無いかと思います。”

Web2.0とは? – Web1.5 [ITmedia オルタナティブ・ブログ]

Web2.0関連でもう1本。
そもそもWeb2.0ってナンだ?という話。

Web2.0は何か特定の技術というわけではない。
もちろん、ブログやRSS、オープンAPI、Ajaxといった技術的キーワードはついて回る。

“give and take”をWebインフラの上でグローバルに実現していくこと。
そのようなことを実現するインフラとして、オープンであること、インターオペラビリティ(相互運用性)が必要なのだ。
その恩恵を受けるための障壁を、出来る限り低くする。
それは、サーバ間での障壁であり、クライアント側の障壁(Ajaxが入っているわけだ…)でもある。

今のところ、自分はそういう理解。
このネタはもっと追求していきたい。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします