comment 0

第1回水曜ワトソンカフェでWatson IoTとIBM DSXについて少し喋りました

思えばアルティザンエッジとしての最後の記事以来、ブログを書いていなかったわけですが、井上研一事務所になって最初の記事は水曜ワトソンカフェの件になりました。最近、いろいろなところにお声がけいただくようになったので、それも当事務所の皮切り記事としては良い感じかなと思ったりして。

さて、IBM BlueHubインキュベーションプログラムのメンターを務めさせていただいて、その流れで?開催が決まった水曜ワトソンカフェ。隔週開催となかなか気合いの入った感じです。

第1回となった昨日は、渋谷のTHE BRIDGEに20人ほどが集まりました。Watson経験者オンリーでも、集まるものですね。Watsonユーザーの広がりを感じます。

最初に登壇したアンターの金本さん。アンターはインキュベーション第3期の最優秀賞を獲得されています!

ちょうど1週間前、3月15日に新丸ビルでIBM BlueHub インキュベーション・プログラムのDemoDayが行われました。
インキュベーションは第1期がビッグデータ、第2期がI…

極めて実践的なNLCとR&Rの使い方についての講演で、とても勉強になりました。
私も1年ほどコールセンターのシステムをWatsonで構築していますが、悩むポイントも結構似ているものですね。

私はその次に登壇させていただきました。
もともと15分枠だしなーとか思って気が抜けたスライドを準備していったら、金本さんが本気の講演だったので・・・。まぁ、バランスを取ったということにさせて戴ければ・・・。

しかも、WatsonじゃなくてWatson IoTとIBM DSX(Data Science Experience)の話だし。

こちらの記事に書いた件です。

第4次産業革命のかけ声とともにIoTやAIの導入を検討する企業が増えているのではないかと思います。
しかし、IoTやAIは大企業かベンチャーだけのもの・・・と思っている中小企業の方…

いちおう、DSXも水曜ワトソンカフェのターゲットにはなっているので良いでしょう。

それにしても、ネットワーキングの時間にいろいろな方とお話しさせていただきましたが、とても有意義な議論ができました。
皆さん、ありがとうございました!

水曜ワトソンカフェのconnpassはこちら。

Filed under: AI・IoT

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す