Evernoteプレミアムの有効期限が迫って、どうするか?

先週の日曜日にこんなメールが届きました。Evernoteプレミアムの有効期限は2018/11/26までです。

Evernoteの個人向けプランは無料のベーシックと、600円/月のプレミアムがあります。主な違いは月間アップロード容量がベーシックだと60MBしかない一方、プレミアムだと10GBとほぼ無限であること。そして、1アカウントで利用可能な端末数がベーシックでは2台までで、プレミアムでは無制限であること。

いままでEvernoteにお金を払ったことはない

実は、そうなんです。それなのに、なぜプレミアムプランが使えていたのかというと、私がEvernoteを使い始めた2008年当時は、ドコモのスマートフォンを買うとEvernoteの1年分の利用権が付いていたからです。結構、Androidスマートフォンを取っ替え引っ替えしていたので、それでどんどん利用権が積み上がり、なんだかんだで2018年まで無料で使えていたという・・・。

Evernoteは必要か?

この10年の間に、Evernoteの使い方が変わってきたと思います。当初はライフハック界隈ではブームになっていたこともあって、何でもEvernoteに入れるということをやっていました。

  • 打ち合わせやちょっとした思いつきのメモ
  • 何か考え事をするときに書き付ける紙代わり
  • Webクリップ
  • ScanSnapで取り込んだ様々な書類

こうしたものをすべてEvernoteに入れていました。

しかし、現在はどうでしょう。

  • 打ち合わせやちょっとした思いつきのメモ → Note Always(iPad)or Ulysees(Mac/iPad/iPhone)
  • 何か考え事をするときに書き付ける紙代わり → Note Always(iPad)
  • Webクリップ → Pocket
  • ScanSnapで取り込んだ様々な書類 → Evernote

という具合に変化し、Evernoteの出番はScanSnapで取り込んだ書類の格納庫くらいになってしまいました。あとは、Skitchをよく使うのでそこで取った画面キャプチャの格納庫にもなっています。

月間アップロード容量は?

これが今日時点でのアップロード容量ですが、残り9.9GBということはほとんど使っていないということ。60MBのベーシックプランでも良いかもしれないくらいです。

だいたい、ScanSnapもほとんど使っていない現状があります。これはちょっと問題ですけどね。私が使っているのはS1300というかなり古いScanSnapですが、これはUSB接続なのでPCと接続して使う必要があります。メインのMacBook Proは持ち歩くので常時接続というわけにもいかないし・・・。最近のモデルはWiFi対応しているようなので、それに買い換えればまた変わるかもしれませんが。

接続デバイスは?

Evernoteをインストールしているのは、下記の4台です。

  • MacBook Pro(メインマシン)
  • Intel NUC / Windows 10(サブマシン)
  • iPad Pro
  • iPhone X

ベーシックプランは2台までなので、メインマシンのMacBook Proには入れ続けるとして、あともう1台はどうするか・・・。MacBook Proを持ち出していないときでもiPad Proは持ち出しているので、iPad Proに入れておけば良いかという気がしますね。

いちおうベーシックプランで試してみる

ということで、まずはベーシックプランに移行して、その範囲で問題が出るか試してみようと思います。不便があるようならプレミアムプランに戻るということで。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします