北九州に行ってきました

一昨日、昨日と北九州に行ってきました。北九州に行くというのは、最近は特に珍しいこともなく、先週も行ってましたし、先月も行きましたし・・・という感じなのですが、北九州でIoTもデモデイまで終わったので、予め決まった訪問というのはいちおう区切りが付いているのです。

今回の北九州は、北九州市の産業経済局のみなさんに向けたRPA研修です。それをビビンコのメンバーで担当させていただきまして、私はRPAとAIの絡みみたいなところを少しお話ししたり、あとは運営などを行いました。(ビビンコにはRPAのスペシャリストがいますから・・・!)

IMG_0383.jpg

会場はビビンコの本社登記をしているコンパス小倉のあるAIMビルの8階、KIPROホール。

20190315.jpg

30名ほどの方にご参加いただけました。

「AIを導入することは新入社員を雇うのと同じ。新人研修して現場に送り込んで、そこから様々な経験を積ませることで成長していく」という話を私はいつも言っているのですが、「RPAは融通の効かない新入社員」だという話をメインでお話しした青野講師(取締役)が言っていたのが印象的でした。この言葉が出たときに、会場の反応から皆さんの肚に落ちたんだなと感じました。

IMG_0391.jpg

研修を無事終えた後は、小倉駅新幹線口側のひまわりプラザにある竹乃屋で一杯。呼子のイカが入っているということで、ちょっと奮発しました。

研修の前には弊社のIoTハカリ+インハウスベーカリーソリューション「焼くっチャ君」の実証実験に協力いただいているクラウン製パンの京町店に伺い、導入状況の確認なども行いました。これからも北九州市の企業として、いずれ北九州にも常駐メンバーが置けるような状態を目指して、定期的に訪問してきたいと思います。

北九州市の皆さん、ありがとうございました。

この記事を書いた人

井上 研一

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア。
合同会社井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役。
北九州市出身、横浜市在住。AIやIoTに強いITコーディネータとして活動。北九州市主催のビジネスコンテスト「北九州でIoT」に応募したアイディアが入選し、メンバーと株式会社ビビンコを創業。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします