comment 0

ブログのタイトル

inoccu.jpをオープンしたのが一昨日のことですが、その中にあるブログ(つまり、ここです)のタイトルは「inolog」としていました。

井上のブログですから、それで良いのですが、まぁ、何書いてるのか分からない。私が既に有名人なら、そのままで良いとしても、そうではないのです。

だから、もっと分かりやすいタイトルを考えました。
「行政書士を目指す産能短大生のブログ with ハロプロ日記」

長いですね。でも、誰が何を書こうとしているのかは一目瞭然になったと思います。「行政書士を目指」している人で、「産能短大生」である。産能短大を知っている人なら通学だけじゃなくて通信教育もあることは分かるかも知れません。また、自分自身も産能短大の行政書士コースの学生だとすれば、まさにドンピシャです。きっと仲良くなれます。

あとは、ハロプロの記事も書いているわけですよ。今までのdigitalmorningの記事を振り返れば、それこそ山のようだし、これからもやっぱり書くでしょう。だから、それは付けておきたい。ここにもAND条件で引っ掛かるような人なら、さらに仲良くなれるでしょう。

まぁ、そんなわけで、これからは、タイトルに沿った記事を書き連ねていこうと思います。

Filed under: ブログ

About the Author

Posted by

ITエンジニア/経済産業省推進資格ITコーディネータ 株式会社ビビンコ代表取締役 AI・IoTに強いITコーディネータとして活動していたところ、ビジネスコンテスト「北九州でIoT」での入選をきっかけに、株式会社ビビンコを創業。IoTソリューションの開発・導入や、画像認識モデルを活用したアプリの開発などを行う。 日本全国でセミナー・研修講師としての登壇も多数。 近著に「使ってわかった AWSのAI」、「ワトソンで体感する人工知能」。

コメントを残す