MacでPhotoshop CC 2015.5が起動しない場合の対応

あまりAdobe製品を酷使するような仕事をしているわけではありませんが、たまに必要になることがあるので、Adobe Creative Cloudの月額契約をしています。

きょう、Photoshopを使おうと起動してみたら、なぜか起動しませんでした。
Photoshopのスプラッシュ画面は表示されるのですが、その後、レインボーカーソルのままになって、Dockのアイコンで副ボタンのクリックをしてみると「アプリケーションが応答しません」と表示されてしまいます。

環境は下記のとおりです。

MacBook Pro Retina 13inch Early 2015
OS X El Capitan
Photoshop CC 2015.5

ちなみに、Illustrator CC 2015.3や、Lightroom CC 2015は起動します。

ウィルス対策にESETを使っていないか?

いろいろGoogleで調べてみると、Creative Cloudコミュニティフォーラムに「PhotoShop CC 2015.5 起動しない」という質問があり、既に回答済になっていました。

どうやら、ウィルス対策ソフトとしてESETを使っていると、Photoshopが起動しなくなるようなのです。

たしかに、私のMacBook ProにはESET Cyber Security Proをインストールしています。まさか、ESETとPhotoshopの相性が悪いとは!

とりあえずの回避策

先ほど紹介した質問には、とりあえずの回避策が回答として寄せられていました。

いちど、Photoshopをアクティビティモニタから強制終了して、その後にPhotoshopを再び起動すると、こんどはちゃんと起動するというのです。

Activitymonitor

このように、アクティビティモニタを見ると、Photoshop CCが「応答なし」になっています。
この状態で、Photoshop CCを強制終了します。

Activitymonitor photoshop

そして、Photoshopを再び起動してみると、このようにPhotoshopが立ち上がりました。

Photoshopcc 2015 5

ただ、必ずではない?

私の環境では、Photoshopが起動しないというのは、100%の確率で起きます。
その後、アクティビティモニタで強制終了して、Photoshopを再び起動すれば、100%の確率でちゃんと起動するか?というと、どうもそうではないようです。

それなりに高い確率では起動できる・・・。
まぁ、仕方ないか。

Photoshop側の問題なのか、ESET側の問題なのか、その辺は定かではありません。ただ、コミュニティフォーラムに出ているということは、私の環境だけで起きるというわけではないということです。
度々、強制終了して・・・というのも異常は話なので、どうにか対応して欲しいものです。

この記事を書いた人

井上 研一

経済産業省推進資格ITコーディネータ/ITエンジニア/ブロガー。
井上研一事務所代表、株式会社ビビンコ代表取締役、一般社団法人ITC-Pro東京理事。
北九州市出身、横浜市在住。 AIやIoTに強いITコーディネータとして活動中。著書に「初めてのWatson」、「ワトソンで体感する人工知能」など。セミナーや研修講師での登壇も多数。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします